冬の真ん中


ひときわ厳しいこの冬は
冷え込む風と一度の雪で
私たちを冬の真ん中に連れていきました。

雪のおかげで明るくなった韓屋の屋根を眺めながら
暗く堅いドアを開け
韓屋エッセイの冬に入ります。





冬の足跡



長くなった影の長さと同じくらい
短くなった一日が惜しい冬

冬が作る足跡は
特に濃い跡を作ります。

誰も踏まなかった一晩中積もった雪の上に
冬に似た足跡を作ってみましょう。



冬。でも···。


いつもそうしていたように

冬の足跡は
雪が解けるように消えます。

明るい日ざしが照らし
なごやかな風が吹いてくれば
恐ろしくて きびしい 冬の 影も
おとなしく席を空けてくれます。

私たちの仲を裂いている
怖くて恐ろしいことも

いつか冬の影のように

終わりがくることを願います。





12, Pirundae-ro 3-gil, Jongno-gu, Seoul, Republic of Korea

ⓒ Hanokessay